インプラント治療のメリットを公平に比較

インプラント治療のメリット

インプラント治療とは?

入れ歯では、噛む力が減少し、発音もしにくくなり、異物感を強く感じてしまいます。 ブリッジでは、ブリッジと歯肉との間に食べ物が詰まりやすく歯周病や虫歯になりやすく、また隣接した健康な歯に負担を与えてしまいます。 インプラントは、これらのデメリットを改善した治療法といえます。

デメリットをしっかり理解する

インプラントと聞いてリスクやトラブルなど不安に思うこともあると思います。 デメリットはありますが、それ以上にメリットも多くあります。 しっかりと理解したうえで、納得してから治療を始めましょう。 そのためにも信頼できて長く付き合える歯科医院を選ぶことが最善と思われます。

インプラントが人気

失った歯の代わりに、よく入れ歯やブリッジなどの義歯を使います。
今までは入れ歯を使用する方が多くいらっしゃいましたが、使用時に感じる違和感や不快感、見た目などの問題点がありました。
現在では、インプラント治療により見た目もよくなり、機能性にも優れているということで注目されています。
インプラントとは、心臓のペースメーカーや人工関節または美容目的のように体内に埋め込む医療機器やシリコン材料等の総称です。
顎骨にチタンなどの体になじむ材料で作った歯根を埋め込み、セラミックなどで作った人工の歯をかぶせます。
埋め込む歯根部・上に取り付ける支台部・それにかぶせる人口歯からなります。
インプラント治療は、失った歯だけでなく歯根も再生することになりますので自分の歯と同様に噛むことができ、食事での不自由さはありません。
総入れ歯では、噛む力が健康な歯の状態の20%、インプラント治療なら80%まで戻るといわれています。
メリットばかりに注目されますが、それぞれメリット・デメリットがありますので、しっかり把握して治療法を選択していかなければなりません。
入れ歯の治療は、治療の条件が少なく費用も抑えられるのに対して、インプラント治療は口腔外科の治療となりますので、難易度は高く治療後も十分なメンテナンスが必要となりますので、経験のある信頼できる歯科医に依頼することも必要となります。
どちらが適しているかは、人によって異なります。

インプラントは全ての人が受けられる?

インプラント治療にするか入れ歯治療にするかで悩んでしまいますよね。 インプラント治療は全ての方に適用できるわけではありません。 一度CTを撮影して、お口の状態を確認してみましょう。 入れ歯治療で満足できなかった場合に、インプラント治療を開始しても遅くはありません。

TOPへ戻る