インプラント治療のメリット

>

インプラントは全ての人が受けられる?

インプラントに向いている方

自然な口元に仕上がりますので、見た目がきれいでありたい方や人前で話す機会が多い方。
強く噛むことができますので、スポーツをされる方やおいしく食事をとりたい方。
入れ歯が苦手で、不快感がある方には適した治療法といえます。
もし隣の歯が健康な状態で削っていなければ、ブリッジの下が虫歯になる可能性がありますので、インプラントをおすすめします。
顎の骨の厚みがありしっかりしている方にもおすすめです。
インプラントでは、定期的にメンテナンスが必要となりますので、家でもしっかりケアのできるまめな方にも向いているといえます。
口の中や体の状態を調べてインプラントが可能であるならば、ブリッジや入れ歯よりも良い治療法ではないでしょうか。

インプラントに向いていない方

インプラントは外科的処置が伴いますので、持病で1時間程度の局所麻酔を受けるのが難しい方は治療ができません。
骨粗しょう症の場合は、インプラントが定着する骨の量が不足している場合もあります。
骨がしっかりしている人が望ましいといえます。
入れ歯を長く使用していると下顎の骨がやせてきますので、歯を失ったら早めに治療を受けましょう。
糖尿病は歯周病と関連性があり、インプラント周囲炎が起きやすくなりますので注意しなければなりません。
また、喫煙する方は、ニコチンが原因で血管収縮や血流阻害の症状となり悪影響を及ぼします。
インプラントにはさまざまな要素を考慮しなければなりませんので、治療が可能かどうかを検査する必要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る